ブログ形式で歴史・歴史関連の話題を紹介致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命は繁栄と絶滅を繰り返す

こんにちは、竹河です。
前回からちょっと間が空いてしまいました。

今回は“人類の歴史”から、ちょっと観点を変えまして
“生物”の歴史について呟いてみようと思います。

もう終わってしまいましたが
上野・国立科学博物館で開催されていた
「生命大躍進」展。

何を隠そう竹河は、古生物が大好きなので(^_^;
お子様に混じって行って参りました。

アノマロカリス1
アノマロカリス2
今から約5億4100万年前、カンブリア紀に生息したとされる
アノマロカリス
この約1000万年後、“カンブリア大爆発”といわれる
多様な生物が繁栄を極めた時期がありました。

三葉虫1
三葉虫。同じく繁栄を極めた生物ですが
オルドビス紀末にほぼ絶滅。三葉虫だけではなく
全生物の85%が絶滅したと云われています。
(アノマロカリスも絶滅してしまいます)。
アンモナイト1
アンモナイト。同じく大繁栄を誇りながら
デボン紀にほぼ絶滅。現在ではオウムガイにその痕跡が見られます。

地質学的調査から
カンブリア紀から現代まで
少なくとも5回、生物の大量絶滅期が起きたようです
(白亜紀末の恐竜の絶滅は一般的にも知られています)。

その原因は地球規模の気候の変化(寒冷化や温暖化)、
隕石の衝突であったと考えられます。

ジュラマイア1
ジュラマイア2
こちらは人類(哺乳類?)の祖先ジュラマイア
胎盤を持つ哺乳類としては世界最古と云われています。
恐竜の繁栄した時代に誕生。

現代、地球上では人類が繁栄を誇っていますが
絶滅しないという保証はないのですね…。
そんな事を考えさせられる展示会でした(^_^;

生命大躍進…http://www.seimei-ten.jp/
スポンサーサイト

涼しくなってみませんか?

こんにちは、竹河です。

8月に入りましたね。
毎日うだるような暑さで少々バテ気味ですが
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

この暑さを少しでも和らげようと
ちょっと涼しくなる展示会へ行って参りました。

冥途のみやげ展1

「うらめしや~冥途のみやげ展」

場所は東京・上野の東京藝術大学美術館
上野駅から炎天下の中、歩くこと十数分。
汗だくになりながら大学構内へ。

冥途のみやげ展2

展示室は地下二階。
今回の展示は幽霊画のコレクターとして
知られた三遊亭円朝のコレクションを中心に
月岡芳年・歌川国芳らの錦絵も多数展示。

特に全生庵の圓朝コレクションは
展示方法と相まって
とても迫力がありました。

この展示の目玉である
上村松園の“焔”
期間限定展示(9/1~9/13)との事で
写真パネルだったのが残念でしたが。

非常に見応えがあり、涼しくなること請け合い
皆様もいかがでしょうか?

冥途のみやげ展(藝大HP)…http://www.geidai.ac.jp/

発掘された日本列島2015

お久しぶりです、竹河です。
気を抜くとすぐに更新が滞ってしまいますね。すみません(..;)

さて、本題に入ります。

今年も行ってまいりました。
「発掘された日本列島2015」
(以前も話題にしておりますが、その時の記事はコチラ↓)
http://webfrontier.blog136.fc2.com/blog-entry-26.html

発掘された日本列島2015 1

東京地区の会場は
江戸東京博物館
竹河はリニューアル後は初めての訪問。

今回の速報展示は19箇所。
その他に「復興のための文化力」と称して
東北被災地の遺跡について
別にコーナーが設けられていました。

どれも魅力的でしたが
特に気になったものをピックアップして紹介しますね。

発掘された日本列島2015 3
発掘された日本列島2015 4
今回の目玉。
栃木・甲塚(かぶとづか)古墳の埴輪群(古墳時代)。
入ってすぐの場所に展示されていました。

発掘された日本列島2015 2
富山・小竹貝塚の出土品(縄文時代)。
北陸新幹線の工事の際に
見つかった遺跡なのだとか。

南海にしか生息しないオオツタノハ製の貝腕輪が出土。
このことから、この時代から広範囲の交易が
行われていただろうと推測できるそうです。

発掘された日本列島2015 5

近代の遺跡(明治時代)。
「シャトーカミヤ旧醸造場施設」から見つかった
赤ワイン(かどうかは不明(^_^;)の瓶。
振ってみると、チャプチャプと音がするそうです。
この工場の竣工は1903(明治36)頃なので
100年以上前に作られたのでしょうね。

博物館の売店では
このデザインのラベルを用いた
復刻ワインを販売中とのこと。

今回はたまたまですが
文化庁の方の説明を聞くことができたので
ラッキーでした♪

東京地区の展示は7/20まで。

発掘された日本列島…http://www.bunka.go.jp/gyoji/hakkutsu_2015.html

「歴史に見る震災」展

こんにちは、竹河です。
GWも終わってしまいましたね。

今年は『歴史部』が無かったので
まったりとした反面、少し寂しいGWコミティアでした。

もう終了してしまいましたが
佐倉市の「歴史民俗博物館」の企画展示
「歴史に見る震災」の感想など書いてみたいと思います。

歴博1

ここは都心からかなり離れているのですが
興味深い企画展示がよく行われています。

歴博2

この時は『震災』がテーマの企画展示。

貞観の大地震が記された古文書、
関東大震災の被害を記したチラシや記事、
他の地方からの義援金の記録…などなど。
展示内容は多岐にわたっていました。

津波の到達を記した石碑のマップもありました。
(『海嘯』と云ったようです)
…東北の沿岸部は昔から津波被害が多い土地でした。

この展示を見ると
日本列島、地震の起きない場所はない…と云う事が
よく分かります。

企画展示も良いのですが
通常展示の方もリニューアルされ
歴史順の展示室の他
『民俗』に焦点を当てた展示室が増えました。
そこに展示されていたのがコレ

歴博3
…因みにコレは、祭礼・芸能関係の
土産物の展示だそうです…

国立歴史民俗博物館http://www.rekihaku.ac.jp/index.html




遺跡に親しむ

こんにちは、竹河せりかです。

いよいよ関東も梅雨明けですね。
暑さをどう乗り切るかが
しばらく悩みのタネになりそうです。

ところで、私の中で
この時期欠かせない展示会がコレです。

「発掘された日本列島」

この展示会は・・・

近年、発掘された遺跡から、
(旧石器時代~近代まで時代も様々)
特に注目されるモノを選んで
〝どちゃ〟っと見せてしまおう・・・という、
大らかな?企画です(・・・ちょっと語弊があるかも)。

しかし、この展示方法により
却って〝その時代に生きていた人たち〟の
息吹が感じられるような気になります。

また、撮影もOK(フラッシュは禁止)なのが嬉しい

東京では
7/31まで開催されているようです。
また、その他の地方でも順次回るようですよ
(詳細はコチラ↓)

http://www.bunka.go.jp/oshirase_event/2011/hakkutsu_2011.html
プロフィール

webfrontier

Author:webfrontier
 歴史サークル合同企画改め歴史部 In COMITIA100
歴史部 In COMITIA100

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。