ブログ形式で歴史・歴史関連の話題を紹介致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸三大奇書④逸著聞集(いつちょもんしゅう)2巻

こんにちは。幽翠街道です。

前の竹河さまが更新されてから、国内外で歴史的な事が起こっていますね。国内では霧島山系の新燃岳噴火。国外ではエジプトの無政府状態。
新燃岳東麓の宮崎県高原町は“神武の里”として有名な神話伝承地で、私一度行ったことがありまして、もう一度行きたいと思うほど、とても綺麗で印象的な場所でした。歴史ある神社と史跡が噴煙と火山灰でどうなっているのか、非常に心配しています。
エジプトの方はというと、エジプトの宝=人類の宝が一部の暴徒により被害にあっているとか。心ある市民が守っていてくれているそうですが、その方達を含め、カイロの博物館の方も心配です。
人知を超えた自然災害や止められない暴動から、いかに歴史的財産を守るのが難しいか考えさせてくれます。

さて、時事ネタはこれまでにして、軽やかに江戸三大奇書といきましょうか。

*****

やっと今回で全部揃いました。
江戸三大奇書の3作目になります「逸著聞集(いつちょもんしゅう)2巻」。

●著者・山岡俊明(やまおかまつあけ)について●
江戸中期の有名な国学者で、360巻の大作「類聚名物考」という当時の百科事典を著した人です。
最初は林道春のもとで漢学を究め、後に志が変わって、賀茂真淵に従って国学を学びますが、師との見解の違いで、一門を離れて独立し一家を成しました。
幕府に仕えて禄400石、老年になって剃髪し、明阿弥と称しました。安永9年(1780)に69歳で没。

●テキストについて●
本書は江戸三大奇書中最も古く、版本はなく、写本だけで伝えられています。
江戸三大奇書の中でも“抜粋集”色の強い戯著で、他2戯著が著者オリジナル作品集であるのに対し、この「逸著聞集(いつちょもんしゅう)」はタイトル通り、全58話中30話が古い説話文学からそのまま抜粋、あるいは一部変更して採用した艶笑話です。
その30話の内、
17話が「古今著聞集」(鎌倉時代)、
9話が「宇治拾遺物語」(鎌倉前期)、
3話は「古事談」(鎌倉初期)、
1話が「十訓抄」(鎌倉中期)
から持ち込まれた説話です。
残りの28話は、他文献からのエロ仕立てパロディだったり、著者のオリジナル作品だったりします。
このことからも、著者は鎌倉時代の説話文学に関心があり、特に「古今著聞集」の艶笑話に興味を抱いたことが、本書の編著の動機になったと想像されます。
ちなみに「逸著聞集」の元ネタになっている「古今著聞集」は、江戸時代で普通に出版されていた流布本だそうです。

●逸著聞集(いつちょもんしゅう)について●
漢学を修めた著者は、漢籍・仏典に対する素養も、他の国学者よりも深かったそうです。それが本書にも現れている感じがします。逸著聞集は擬古文体で綴った、優雅でエロチックな戯著で、艶笑文学の代表的な古典と位置づけられています。

本書の半分以上が鎌倉時代の説話文学の書き写しみたいなものですから、それらは「古今著聞集」などを読んで頂くとして、ここでは著者本人の創作と思われる艶笑話をご紹介します。

第28話「実高(さねたか)の紙障子突き破り話」

 文(ふみ)の蔵人(くろうど)実高の家に、人がたくさん集まって酒盛りをしていた時、酔いのまぎれに、勢((まら)←男性器のこと)で紙障子を突き破ることをして戯れていました。主人の実高の番になって、いざやろうとした丁度その時、祖父の入道が所用でやって来ました。障子の外にいた連中は、やって来た入道を見てこそこそ逃げ隠れました。
 そんな事があるとは夢にも知らない実高は、紙障子をブスッと突き破って、勢(まら)を突き出し、「どうじゃ、出たろうが。」と言いました。
 それを入道はキッと見て、しゃがれ声で「ああ出たは出たが、馬鹿なことをする奴らじゃわい。」と呟きました。実高は、その声で誰だか解ったので、あれほど勢い良く猛っていたナニもヘナヘナに縮こまり、それを振りながら逃げ出したとか。
 その後ろ姿を見送っていた人たちは、どんなに可笑しかったでしょう。


この艶笑話と似たような状景を描いた「勝絵」というものがあるそうですが、文章による出典は不明だそうです。
ですが、江戸時代の数多くの文献によると、江戸時代の無礼講では、よくこういう悪戯が行われていたそうです。
(無礼講にもほどがありますな・・・)
著者の山岡俊明(やまおかまつあけ)はそんなバカ騒ぎを元に創作したと思われます。下ネタを優雅な古文体(もどき)に表現するとは、さすがです山岡先生。

では、江戸三大奇書のお話はこれにて終了です。
辛抱強くお付き合い下さり誠にありがとうございました。
スポンサーサイト
プロフィール

webfrontier

Author:webfrontier
 歴史サークル合同企画改め歴史部 In COMITIA100
歴史部 In COMITIA100

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。