ブログ形式で歴史・歴史関連の話題を紹介致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸料理再現「鳥の煮込み卵」

こんばんは。幽翠街道です。

冬の厳しい寒さが緩んで来ましたね。それでも油断せず風邪などひかないよう気を付けたいです。

さて、歴史の中でも、特に“食”に関する歴史というのは関心の高い分野ではないかと思います。
それで料理が出来て材料が揃えれば、自らの手で、先人が食していた料理を再現してみたいと思いますよね。

やってみました。

まず食材が近所のスーパーでも簡単に手に入り、特別な調理器具を必要としない事。
その上で選んだレシピが「鳥の煮込み卵」です。

日本料理はすでに江戸時代に完成の域に達していたそうですが、江戸当時、玉子は高級食材だったようで、かけ蕎麦1杯16文の頃、玉子は1個20文とかなり高価な食べ物でした。
その高価だった玉子を色々工夫を凝らして作り上げ、103種もの玉子料理を集めた料理集が「卵百珍」というものです。(刊行は天明5年(1785))

「鳥の煮込み卵」の作り方
(参考図書:万宝料理秘密箱 奥村彪生著)よりアレンジしました。

○材料(2~4人分)○
材料一覧
鶏もも肉1枚(約300g)
ゆで玉子4個
卵白1個分
小麦粉大さじ2
小松菜半わ(約180g)

煮汁として八方だし(だし汁10に対し みりん1 醤油1)

○作り方○
1. 鶏もも肉を広げ、厚さが均等になるように、中央から左右に切り開く。
鶏肉1

2. 半分に切って、半分の1枚を、ラップを敷いた巻き簀の上に広げる。
  そこに卵白をハケで塗る。
鶏肉2

3. 小麦粉を茶こしでまんべんなく全体に振る。
  玉子を2個並べて、崩れないように指で押さえながら、ラップで巻いていく。
  その上に巻き簀でしっかり巻き締める。
鶏肉3

4. 巻いたまま蒸し器に入れて、強火で15分ほど蒸す。
鶏肉4
注)この写真は、蒸し器が小さかったので、巻き簀を取って、ラップのみの状態で蒸しました。

5. 蒸し上がったら、ラップをほどいて、八方だしに入れて、落とし蓋をして約15分煮る。
鶏肉5
注)この写真場合、だし汁5カップ・みりん半カップ・醤油半カップでした。

6. 参考にした本はほうれん草でしたが、江戸料理らしく小松菜に変更。
  小松菜は塩ゆでにしておく。
小松菜

7. 鶏肉の方は煮立ったら取り出し、熱いままだと崩れやすいので、少し熱を冷ましてから切り分ける。
  器に盛りつけて、茹でた小松菜を添えて、煮汁に使った八方だしをかける。
完成?
出来上がりました。

しかし、鶏肉の巻きがあまく、ほとんど玉子に巻いていませんでしたね……
ですが、味は初めて作ったにしては美味しかったです。
醤油味と旨味が良い具合に鶏肉と玉子に染み込み、江戸ならではのガツンとした味が堪能できました。
また、蒸すことで鶏もも肉の余分な油が落ちたので、その分ヘルシーです。

カロリー表記ですが、今、食品成分表を持っていないので、後日このメニューのカロリー計算をして書き加えます。

スポンサーサイト

石高とは?

こんばんは、竹河です。
今日のブログは、私の覚え書きです

江戸時代の、藩の大きさを表す際に
しばしば『石高』が用いられますね

例えば、前田藩は100万石・伊達藩は62万石…と云うような。

この「石」は、米の量を表す単位で

一石=大人一人が一年間に消費する米の量で
一石=1000合となります。
(大人は一日に約2.73合食べることになりますね)

一石は現在の単位に直すと、約150㎏。

しかし、現在の米消費量は、一年間に約65㎏。
食の西洋化が進み、米の消費量は
江戸時代の半分以下になっています。

因みに、米1俵=60㎏=約4斗です。

また、米一石を生産する事ができる田の広さ=1反

1反=991.74㎡=約10a(1a=100㎡)

1町=10反=約100a=約1ha…となります。

日本の尺貫法は、とことん〝米が基準〟です。

この「反」「町」という表現、農業の分野では現役です。

年配の方は、田畑の広さを示す際、メートル表記ではなく
「1反歩」「1町歩」と仰る事が多いようです。





バレンタインデーですよ

ブログ当番を仰せつかりました。
世界史担当とは言うもおこがましいですが、古代エジプト屋こと高杉ナツメでございます。

あんまし文章を書くのは得意ではありません。なので絵に語ってもらう所存です。
とりあえず季節のお題「バレンタインデー」とは何か、というお話。

Hathor_120212_001.jpg

Hathor_120212_002.jpg

参考文献:
◆『守護聖人-聖なる加護と聖人カレンダー』真野隆也著 新紀元社 1997年12月24日初版発行
◆"Egyptian Language - Easy Lessons in Egyptian Hieroglyphics" Sir E.A.WALLIS BUDGE,
Eighth Edition, Ares Publishers Inc., Unchainged Reprint of the Eighth Edition, London, 1966.
 

宮崎県高千穂の夜神楽

こんばんは。幽翠街道です。

先週の日曜日は更新できず、今回も2週間もの間を開けてしまいすみません。

さて、日本全国にはたくさんの神楽が催されていますが、その中でも特に全国的にメジャーな神楽の一つに、宮崎県高千穂町の夜神楽があります。
高千穂町の夜神楽は国の重要無形民俗文化財に指定されていて、今や東京公演や海外公演にも出かけているほど、日本を代表する民俗芸能となっています。

この夜神楽は毎年11月から翌年2月にかけて、町内の19の地区が、三十三番もの舞を徹夜で奉納し続ける神事です。
秋の豊穣の感謝、そして翌年の五穀豊穣を祈り、夫婦和合・子孫繁栄を祈り、森羅万象にわたる神々に祈りを捧げます。

神楽の起源は天照大神が天岩戸にお隠れになった時、アメノウズメが踊ったのが始まりとされています。
そして、高千穂夜神楽の起源は、毎年旧暦12月3日に高千穂神社で行われる「猪々掛祭」の「笹振り神事」とされています。

平成23年度の夜神楽ももちろん見に行きました。
私が毎年見に行くのは1月末に奉納される地区で、高千穂の中心街から離れた山里の中にあります。

土曜の夕方、氏神様の神社で宮神楽を行い、舞ながら夜神楽の舞台となる公民館へ。
高千穂町の夜神楽1
まさしく“天空の里”ですね。

高千穂町の夜神楽2


そして、翌朝までぶっ通しで奉納が続けられます。
高千穂町の夜神楽3

夜神楽が終了したのが翌朝の7時台でした。私も無事一睡もせず徹夜を完遂。
その日の内に熊本市に行き、そこのホテルで日曜の夜は爆睡してしまいました(笑)

プロフィール

webfrontier

Author:webfrontier
 歴史サークル合同企画改め歴史部 In COMITIA100
歴史部 In COMITIA100

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。