ブログ形式で歴史・歴史関連の話題を紹介致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は午年ですね。

寒中お見舞い申し上げます。
幽翠街道です。

今年は午年です。
馬のように元気よく飛翔する2014年でありますように。

ということで「馬」について、少し上野を歩きました。

国立博物館では「新春特別公開/特集陳列 博物館に初もうで-午年によせて-」

上野動物園では「干支展──馬づくし」

人間と馬の歴史は古いと知られていますが、日本においていうと、
『魏志倭人伝』によれぱ、馬という動物は倭国にはいないとあります。

日本に馬がやって来たのが古墳時代で、モンゴル系の馬が持ち込まれたといわれています。
性格は温厚でおとなしく、小型でも力持ち、粗食にも耐えられる馬で、人や荷物を運んだり、農耕にも使われたそうです。

埴輪・馬

馬具展示品

馬と人間が関わっていく中で、馬に使用する道具に装飾が施されたりして、馬具も発達していきます。
戦国時代の武将を乗せて、戦場を駆け巡る時代を経て、
江戸時代まで人間の生活に欠かせない、人々と密着した馬でした。
明治時代になると、西洋の大型の馬の血を引く軍馬が求められるようになり、小型の在来馬は生産できなくなってしまいました。
さらに戦後、自動車の普及や農業の機械化で在来馬が減り続け、
現在日本では、8つの原産地で飼育されるのみとなり、約2000頭というとても希少な動物となってしまいました。

上野動物園で飼育されている木曽馬(本州唯一の在来馬)。
日本在来馬

馬は人が切り拓いてきた時代と共に在り続けた動物です。
特に日本在来馬は日本の自然環境や歴史を、その身一つで体現しています。
それぞれの地域で保存会が設立され、動物園と提携しながら、種の保存に努めているそうです。
歴史を未来へ伝えるように、日本在来馬もこれから未来へ伝わるようにしなければならないと思った上野巡りでした。

スポンサーサイト

成人式

こんばんは、竹河せりかです。
今日は『成人の日』ですね。
元々は1月15日でしたが、参加者の都合を鑑みて?
1月の第二日曜に変更されたようです。

かつて、上流階級の成人式は
男子の場合は『元服』、女子の場合は『裳着』
称されており、一斉ではなく個別に行われていました。

元服とは
男性が幼少時の服を改め、髪を結い(それまでは耳あたりで括っていた)
初めて冠を付ける儀式です。
12~16歳頃に行われ、身分が高くなるほど
早くなる傾向がありました
(光源氏は、若干12歳で元服しています)。
冠を被せる“加冠役”は、一族の有力者が行う慣例でした。

裳着とは
女性が初めて裳(表着の上に付けるスカートのようなもの)を付ける儀式の事です。
年齢は元服と同じ頃に行います。
吉日を選び、一般的に深夜に行われました。
裳の紐を結ぶ役を“腰結い”と呼び
身分の高い人(身内とは限らない)に依頼する慣例でした。

現代とは異なり
“元服”“裳着”が済むと
一人前の大人として扱われたため、
すぐに結婚…となる事が多かったようです。

明石の姫君の裳着

“源氏物語”の一場面。
『明石の姫君の裳着』(風俗博物館より)
姫君は裳着の後、すぐに入内します。
(手前の男性が光源氏です)。


人日の節句

こんにちは、竹河せりかです。

今日は1月7日。
人日の節句
別名・七草の節句の日です。
七草粥を食べる日として知られていますね。

七草とは、一般的に以下の植物を指します。

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ

「すずな」は蕪、「すずしろ」は大根…とされていますが
他の5種は、現在では野草の扱いですね。

古代に於いて、七種の行事は「子(ね)の日の遊び」とも呼ばれ
正月、最初の子の日に、野原に出て若菜を摘む風習がありました。

百人一首でも知られる、光孝天皇の和歌は
この『若菜摘み』の事を詠んだものです。

君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ

まだまだ寒い日が続く季節、
雪の中から芽を出す、生命力に溢れる若菜を
粥に入れて食す事で、邪気を払い無病息災を祈ったのです。

もっとも現在では、お正月のご馳走攻めで疲れた胃腸を
休ませる意味もあるようです。

春の七草
↑は現代の七草。




あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。

昨年は更新が滞りがちで申し訳ありませんでした。

今年は何とか更新できるように努めていきたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


プロフィール

webfrontier

Author:webfrontier
 歴史サークル合同企画改め歴史部 In COMITIA100
歴史部 In COMITIA100

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。