ブログ形式で歴史・歴史関連の話題を紹介致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひな祭りを過ぎて

こんにちは、竹河です。
3月に入りましたね。

2月は観測史上、数十年ぶりの大雪で
首都圏を始め、各地で被害が多発しました。
自然の前に、人間の力はちっぽけなのだな…と改めて思う次第。
被害に遭われた方には
慎んでお見舞い申し上げます。

閑話休題

もう過ぎてしまいましたが、3月3日は上巳の節句

旧暦では、桃の花の咲く頃にあたるので
別名・“桃の節句”とも称します。

女の子の健やかな成長を願って行われる行事ですが
起源は古く、平安時代以前に遡ります。

貴族階級の子女が、御殿のミニチュアや人形で遊んだ“ひいな遊び”と
その後に発達した「流し雛」(紙製の小さな人の形(形代)を作り、
それに穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う祭礼)が混ざり
健康や厄除けを願う行事となっていったようです。

現代では、云われる“段飾り”もしくは
男雛と女雛のみの飾りが主流ですね。
3日を過ぎたら、すぐ片付けないと「お嫁に行くのが遅れる」なんて
俗説まであるので、なかなか気が抜けない行事でもあります(笑)。

ところで、行事には食べ物が付きものですが
「ひな祭り」には特に決まった食べ物は無いようです。
(菱餅、雛あられ、鯛や蛤の料理(吸い物等)、ちらし寿司が一般的。
地方によっては飲み物として白酒、生菓子の引千切があるそうです)

桃の花
桃の花
4月上旬に咲きます
(旧暦の3月3日辺りですね)
スポンサーサイト
プロフィール

webfrontier

Author:webfrontier
 歴史サークル合同企画改め歴史部 In COMITIA100
歴史部 In COMITIA100

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。