ブログ形式で歴史・歴史関連の話題を紹介致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土用の丑の日

こんにちは、竹河です。
本日は土用の丑の日
一般的にはウナギを食す日ですね。
うなぎ

ところで「土用の丑の日」とは何でしょう?

古代中国の思想では、あらゆる事物が木・火・土・金・水の
“5つ”に分類されていますが(五行と称します)
季節は以下の様に振り分けられます。

木行:春
火行:夏
土行:季節の変わり目
金行:秋
水行:冬

土用は季節の変わり目、
立春・立夏・立秋・立冬の、前の時期の事なのですが
現在では、立秋の前の約18日間との認識のようです。
本来は“夏の土用”と呼んでいました。
(概ね7/19~8/7くらいの期間)

「丑」とは十二支でもお馴染みの、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)…の分類で
年だけでなく日にも割り当てられています。

約18日間の『土用』のうち、
12日周期で割り当てられている『丑の日』の日が、
『土用丑の日』と云う事になります。

では、「土用の丑の日」に鰻を食べる風習はいつ生まれたか?

これには、江戸時代の発明王・平賀源内が深く関わっていると
されています。

本来、鰻の旬は秋から冬にかけてでした。
夏のこの時期、鰻が売れないことに困っていた鰻屋の店主が
源内に相談したところ、
「“本日、丑の日”という張り紙を店に貼ると良い」と助言したところ
そのキャッチコピーが功を奏し、鰻屋は大繁盛したとか。
(“丑の日”だから“う”の付く食べ物を食べると良いと
言った説もアリ)。

因みに2015年の「土用の丑の日」は
本日(7/24)と8/5となっています。

ともかく、この時期は暑さで疲れやすいので
精の付く物を食べて乗り切りましょう。
(鰻の値段が高いのがネックですねぇ…(^_^;)
スポンサーサイト

発掘された日本列島2015

お久しぶりです、竹河です。
気を抜くとすぐに更新が滞ってしまいますね。すみません(..;)

さて、本題に入ります。

今年も行ってまいりました。
「発掘された日本列島2015」
(以前も話題にしておりますが、その時の記事はコチラ↓)
http://webfrontier.blog136.fc2.com/blog-entry-26.html

発掘された日本列島2015 1

東京地区の会場は
江戸東京博物館
竹河はリニューアル後は初めての訪問。

今回の速報展示は19箇所。
その他に「復興のための文化力」と称して
東北被災地の遺跡について
別にコーナーが設けられていました。

どれも魅力的でしたが
特に気になったものをピックアップして紹介しますね。

発掘された日本列島2015 3
発掘された日本列島2015 4
今回の目玉。
栃木・甲塚(かぶとづか)古墳の埴輪群(古墳時代)。
入ってすぐの場所に展示されていました。

発掘された日本列島2015 2
富山・小竹貝塚の出土品(縄文時代)。
北陸新幹線の工事の際に
見つかった遺跡なのだとか。

南海にしか生息しないオオツタノハ製の貝腕輪が出土。
このことから、この時代から広範囲の交易が
行われていただろうと推測できるそうです。

発掘された日本列島2015 5

近代の遺跡(明治時代)。
「シャトーカミヤ旧醸造場施設」から見つかった
赤ワイン(かどうかは不明(^_^;)の瓶。
振ってみると、チャプチャプと音がするそうです。
この工場の竣工は1903(明治36)頃なので
100年以上前に作られたのでしょうね。

博物館の売店では
このデザインのラベルを用いた
復刻ワインを販売中とのこと。

今回はたまたまですが
文化庁の方の説明を聞くことができたので
ラッキーでした♪

東京地区の展示は7/20まで。

発掘された日本列島…http://www.bunka.go.jp/gyoji/hakkutsu_2015.html

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- V

お久しぶりです。歴史部スタッフの上水流(かみずる)です。
1年以上ツイッターの書き込みしか更新されていないスタッフブログを見てさびしくなってきたので久々にブログを書いていきたいと思います。

とは言っても上水流は歴史を使用したサブカルチャー(漫画・アニメ・ゲーム)の紹介しか出来ません><
歴史のブログが読みたいと思う人は別のスタッフが書く記事を楽しみにして下さいね♪

 さて、今回紹介したいのはPSVITAで発売中の「ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- V」です♪

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- V

 私が通っていた短大が「泉岳寺」の近くだったり、小さいころ12月ぐらいに忠臣蔵を扱ったスペシャルドラマ等があったので「忠臣蔵」と言う名前と「何を行ったのか」と言うことは何となく知っていますが、一人一人の名前や討ち入り行く過程など全くしりませんでした。
 このゲームをプレイしていると葛藤や何故討ち入りが数年経過した後に行われたのかなど、ゲーム上の話ではありますが赤穂浪士を知っていくと、不思議と実在の赤穂浪士の一人一人に興味を持つことができます。

 このゲームはPCギャルゲーが基になっているので、主要メンバーが乳の大きい女性(笑)になっています。しかし、ストーリーがとても熱く、読んでいると「女性でも男性でも関係ない。彼女達の生き様を見てみたい。」と言う気分になり連日睡眠不足になりました(笑)。また、シナリオが1つ1つ泣ける話なので・・・涙もろい私は号泣しました。

ゲーム性もなく、ただ文章を読んでいく形式なのでゲームをしたことがない人でも十分楽しめると思います。
プロフィール

webfrontier

Author:webfrontier
 歴史サークル合同企画改め歴史部 In COMITIA100
歴史部 In COMITIA100

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。