ブログ形式で歴史・歴史関連の話題を紹介致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古典の日(蹴鞠)

こんばんは、竹河です。

今日は、11/1(古典の日)ですね。
由来については過去記事にありますので
宜しかったらご覧になってください。
http://webfrontier.blog136.fc2.com/blog-entry-5.html

さて「古典の日」に因んで
先日行ってきた「蹴鞠」の講演会について
ちょっと書いてみますね。

蹴鞠3
10/17、千葉県の経済流通大学にて
「源氏物語~蹴鞠と王朝装束~」と云うテーマで講演会が行われました。
最初に蹴鞠について
天理大学附属天理参考館の幡鎌真理氏が
行って下さいました。

蹴鞠は中国から日本に伝わった競技で
初めて記録に顕れたのは
有名な中大兄皇子と中臣鎌足の逸話だそうです。

平安時代には貴族の間に広まりますが
“懸(かかり)”と呼ばれる鞠庭(まりにわ):周囲に松・桜・柳・楓が植えてある場所)で
行うのが正式な作法。後に切り竹を四方に指した
簡略的な場所で行う事が一般的になりました。

長く・多く蹴り上げる事が目的で
平安後期には非常に上手な人(名足と呼びます)が
幾人か登場します。最も有名なのが白河院近臣・藤原成通で
藤原定家の息子・為家も名足の一人でした。

室町中期頃に
鞠は右足のみ(親指の付け根)で蹴ること
行う際は烏帽子・鞠水干・鞠袴・鴨沓を着用することなどの
蹴鞠に関する決まりが纏められたようです。
因みに“けまり”ではなく“しゅうきく”と称するのだとか。

鞠は鹿皮を2枚、中央を馬皮で括って作られています。
蹴鞠1
蹴鞠保存会・山本理事による
鞠の説明。

江戸時代には広く、庶民層にも広がった蹴鞠ですが
明治以後、急速に衰退します。
その為、蹴鞠保存会が作られ
蹴鞠についての知識の普及に努めているそうです。

蹴鞠2
蹴鞠保存会、上田理事長と山本理事による実演。
本来、8人で行うのを2人で行っているので
非常に大変だったようです。

生で見る機会はなかなかないので
とても為になる講演会でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

webfrontier

Author:webfrontier
 歴史サークル合同企画改め歴史部 In COMITIA100
歴史部 In COMITIA100

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。